ソビエト社会主義共和国連邦

提供:軍事データベース『MilitaryWiki』
ソビエト連邦から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソ連の国旗
Sakura.svg Wikilexiconソビエト社会主義共和国連邦の記事があります。


ソビエト社会主義共和国連邦 (-しゃかいしゅぎ きょうわこく れんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、かつてロシア以下15ヶ国によって構成された世界初の社会主義連邦共和制国家である。世界三大陸軍の一つ、ソ連地上軍を保有している。末期にゴルバチョフが社会民主主義を目指した以外は一貫して共産主義であった。故に資本主義陣営とは第二次大戦後から対立関係にあり、資本主義陣営に頼らない、独自路線の兵器を使用した。企業が受注するためコスト削減が極められる社会主義陣営とは異なりあくまで実用性重視のためつくりが丈夫であり現在も使用されているものが多い。

国名

ロシア語で「Союз Советских Социалистических Республик」と書き「サユース・サヴィェーツキフ・サツィアリスチーチェキフ・リスプーブリク」と読む。ロシア語 (キリル文字)と英語 (ラテン文字)は見た目が同じでも読みが違うことが多々あるので注意が必要である。ソビエトとは、ロシア語で「評議会」という意味であり、国名に地名や人名など、固有名詞を含まない極めて珍しい例である。略称は「СССР」あるいは英語で「USSR」。前者は「シーシーシーピー」ではなく「エスエスエスエル」と読む。後者は英語なのでそのままである。

関連項目

このページは書きかけです。
このページに加筆をして発展にご協力ください。