ニュース:警備員に催涙スプレー、司令部「限界理解のため」

ナビゲーションに移動 検索に移動
催涙スプレーの噴射 (デモンストレーション)

横須賀海軍施設、通称在日アメリカ海軍横須賀基地で八日、日本人警備員の顔に催涙スプレーを噴射する訓練を予定していることが判明しました。しかし2005年9月、同様の訓練で40代男性警備員が呼吸困難に陥り、救急搬送された事件があり、関係者は中止を求めています。また、「上司から『訓練を受けなければ異動』などと言われた」などと話しています。

これについて司令部は「警備員がスプレー携行に当たって限界や対処をより理解するため」などと説明しています。


雪津風明石 (トーク) / 2020年7月9日 19:31