バースト銃

提供:軍事データベース『MilitaryWiki』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バースト銃 (-じゅう)は、トリガーを一度引くことで複数回弾が射出される機構を積んだ銃器のことである。何度弾が射出されるかによって「N点バースト」と呼ばれ、最もポピュラーなのは三点バースト。

歴史

そもそもバースト銃は、新兵による無駄撃ちや、フルオート銃の反動を抑制するために生まれたものである。

しかし、実戦に投入してみると、新兵は相変わらず撃ちまくるし、むしろバーストさせる機構を積むせいでそもそもの値段が高くなってしまったりと、バースト銃の意義が失われたため、現在では廃れている。