三式戦闘機

提供:軍事データベース『MilitaryWiki』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三式戦闘機一型


三式戦闘機 (愛称:飛燕)は、第二次世界大戦における大日本帝国陸軍陸上戦闘機キ番号キ61。連合国のコードネームTony。当時の大日本帝国唯一の水冷エンジンを搭載した機体である。このハ40は故障が多かったが、最高時速は590kmと当時の日本機としては高速であった。

このページは書きかけです。
このページに加筆をして発展にご協力ください。