三笠 (1900)

提供:軍事データベース『MilitaryWiki』
三笠から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐世保軍港に入港した三笠
横須賀三笠記念公園に展示されている三笠

三笠は、敷島型の四番艦で、世界三大記念艦の一隻である。連合艦隊で旗艦を務め、日本海海戦で海戦史上稀にみる一方的な大勝利を収めた。大日本帝国の建造した戦艦として唯一現存する戦艦で、世界唯一の現存する前弩級戦艦でもある。現在は、神奈川県横須賀市三笠記念公園にコンクリートで固められた状態で、三笠保存会の下、保存されている。

概要

「三笠」はヴィッカース社によって建造され、のちに日本に引き渡された軍艦戦艦記念艦。前述するように世界三大記念艦の一隻であり、防衛省所管、三笠保存会管理のもと公開されている。

同型艦

  1. 敷島 (1898)
  2. 朝日 (1899)
  3. 初瀬 (1899)
  4. 三笠 (1900)

このページは書きかけです。
このページに加筆をして発展にご協力ください。