岩本徹三 (1916)

提供:軍事データベース『MilitaryWiki』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩本徹三は、大日本帝国中尉である。零式艦上戦闘機、俗に言うゼロ戦のパイロットで撃墜王と呼ばれた。

愛機

愛機は言わずもがなゼロ戦であり、ラバウル時代の愛機は撃墜マークでピンク色に染まっていたという。

戦術

当時は雑音だらけで役に立たなかった無線機モールス信号を戦術的に使い、敵の位置を捕捉するなど、帝国海軍にしては珍しい戦い方をしていた。また、パイロットとしては視力がそこまで良くなかったが、敵機を発見することは得意だったという。

このページは書きかけです。
このページに加筆をして発展にご協力ください。