航空母艦

提供:軍事データベース『MilitaryWiki』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界初の新造空母、鳳翔

航空母艦とは、艦載機を主兵装とし、現在ではヘリコプターを搭載することもある艦種である。空母とも称される。その全容は動く基地そのものである。艦全面が数百メートルの飛行場として機能し、カタパルトを搭載することもある。多くは右舷艦橋を備え、対艦戦闘能力が低いために駆逐艦などの護衛を必要とする。その前身となったのは気球母艦で、世界初の新造空母は鳳翔であった。

このページは書きかけです。
このページに加筆をして発展にご協力ください。